梨が足りません!

日頃から当園をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
当園は樹齢60年の大木丁寧に管理して梨を栽培してきました。
老朽化で収穫量の落ちた木もありますが、2代目園主の代閉園予定でしたので、無理して木を増やさず、品質維持に重点を置いてきました。

3代目就農に合わせて、近隣の農家さんから畑を借り、収穫量を増やすべく、新たに梨の木を増やしております
ただ、梨の木は十分な収穫量を得るまで、植え付けから8年かかります。徐々にですが、収穫量を増やすよう努力しております。

そして、大変ありがたいことにお客様が増えております。
長年、当園をご愛顧いただいている、お客様のご親族様から…お友達から…お客様が梨を送られた方から…お客様の輪がどんどん広がり、ご注文数が増えております。
また、お客様お一人から頂くご注文件数も増加していき、年々数多くのご注文を頂戴しております。

本当にありがたいことなのですが、収穫量がお客様数、ご注文件数に追い付かなくなりました

最近は県内の栽培面積が急減していることも、梨が足らなくなったことに拍車をかけています。温暖化の影響で梨の栽培が難しくなったことも要因です。
ここ数年で県内の梨園20%ほど減っています。特に近隣の白岡・菖蒲・騎西といった梨の産地で毎年、いくつかの梨園が廃業し、そこのお客様が当園を含め、近隣の梨園で梨をお買い求めてくださっています。

ご注文に収穫量が追い付きません。皆様のご要望に応えるべく、増産に向けて梨を栽培しておりますので、なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。